インディアンシャンプー

「インディアンにハゲは居ない」


インディアンは髪に悩まない!!

なんてうらやましい人種でしょう。。。


その秘密はいったいなんでしょうか?

実はある成分にその秘密があるそうです。


インディアン先祖代々から伝承されてきた成分をもとに、

作られたシャンプー


それがインディアンシャンプーなのです。








インディアンシャンプー届きました

いや〜、、、ついに注文してしまいましたよ。

あれですよ、あれ!

そう、例のインディアン伝承シャンプー


実物を見ると、思っていたよりは少し小さい感じがします、

ほとんど普通のシャンプーと見分けがつきませんが。

でも、効果のほどはいかがなものでしょうか?



インディアンシャンプー






実際に手にとってみましょう

さて、それでは実際に使ってみましょうかね。。。


と、その前にちょっと観察、観察、、、




インディアンシャンプー


とりあえず、手にとってみました。

色は「黄色っぽい金色」とゆう感じです。

においは柑橘のサッパリ系で、

多分、成分に使われている「グレープシード」が

もとだと思います。



結構少ない量でも泡立ちがいいので、

少しずつ使っても問題なさそうですね。

使用説明では「500円玉」の大きさとあったけど、

「100円玉」くらいでもいけそうです。



インディアンシャンプー

インディアンシャンプーの実力やいかに!





使い始めてみて、、、

実際に使ってみてまず思ったのが、

「すすぎが楽」とゆうこと。



普通のシャンプーだと、洗髪のあとにシャワーで流しても、

まだ頭皮に残っている感じがするけど、

インディアンシャンプーに関しては、それが全く感じられ

なっかたので、すごくスッキリとした感じがしました。



あと、髪に若干ではあるけどコシが出てきた

かなって気がします。

ただ、これについては僕はあまりリンスを使わないから、

そう感じるのかなって気がしないでもないですけど、、、



インディアンシャンプー

でも、継続して使ってみる価値はあるかな!







インディアンシャンプー秘密の成分

代々伝わる秘密の成分、、、

それは4種類あるそうです。。。




ホホバ油


ホホバとは、メキシコに生育する2メートルくらいの

低木だそうです。

この種子から採れるホホバ油は、マッサージオイルや石鹸の

原料として利用され、肌の保湿効果などがあるようです。




ベントナイト


ベントナイトとは、「泥」だそうです。

吸着性があり、毛穴の皮脂などの頭皮の汚れを

スッキリさせる作用があるようです。

最近では「泥パック」とかもありますしね。




ユッカ根エキス


砂漠などの乾燥地帯に育つ、サボテンのような

植物だそうです。

古くからインディアン達は、このエキスを頭皮ケア

に使用してきました。

この成分に頭皮トラブルに対応する効果があるようです。




グレープシード油


これもインディアン達が、古くから使用している成分で、

皮脂の酸化に対応するようです。



インディアンシャンプー

裏に成分が書いてあります





インディアンリンス

インディアン伝承シャンプーシリーズの中に、

実は「リンス」もあります。



僕の場合は、もともとあまりリンスを使わないほうなので、

とゆうより、リンスはすすいでも頭皮に残ったりするので、

あまり好きではありませんでした。


でも、このインディアンリンスは簡単に洗い落とせて、

しかも、頭皮に残る感じがしないので、結構気に入ってます。



最初はシャンプーだけ注文して、市販のリンスではどうも

と感じたら使ってみるといいと思います。



インディアンリンス

リンスもあります。











洗髪秘伝書

実はインディアンシャンプーを買うと、オマケが付いてきます。

それが、この洗髪秘伝書です。


注文ページには、巻物のような写真があったので、

それが来るのかなと思ったら、普通の「A4用紙」でした。


そこには、いかに洗髪が頭皮と髪に大事かが書いてあります。

インディアンシャンプーを使用したとしても、やはり正しい

洗髪方法でなければ、意味がないとゆうことですね。。。



洗髪秘伝書

中身は買ってからのお楽しみ!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。